社交場としての舞踏会

舞踏会は社交界行事の1つであり、ヨーロッパでは多くの人々のコミュニケーションの場として、そして日本の 「成人式」 にあたる 「デビュタント」 (社交界デビューする) のお披露目の場として、古くからヨーロッパ各地で開催されてきました。 また、舞踏会は単にダンスをするための場ではなく、マナーやエスコートを実践し、社交を通してより豊かな人間形成をする場として重要な役割を果たしています。

    

デビュタントとは

デビュタントとは、「社交界デビューする」ことであり、ヨーロッパでは「成人式」の意味を持っています。オーストリアの舞踏会では、必ず “デビュタント” と呼ばれる若者たちによって、華麗なオープニング・セレモニーが行われ、女性は白いロングドレス、男性は黒い燕尾服に身を包み、全員一斉に優雅な ステップを披露します。デビュタントとして舞踏会に出ることは、オーストリア中の若者の憧れです。     詳細は左の項目をクリックするとご覧いただけます。

 

© JTC Japan Tyrol Coordination 2007

powered by zimmermann new media